② 竹を切る

 

まず、土台になる部分の太い竹を切ります。

このようにバイス(SK11 ガレージバイス 150MM)もしくはクランプで、作業台にしっかり固定します。

●IMG_8583

赤い線の部分で切断し、2個の土台を作成しようと思いますsmiley

 

まず、竹挽き用鋸で切ってみます。

SK11 替刃式サヤ付鋸270 竹挽 SSY-270T】を使用しました。

IMG_8614

 

大きなストロークで、手前に引く様に切るとスムーズに切れます。

直径12~13cmの太めの竹ですが、思っていたより簡単に切ることが出来ました

IMG_8586 IMG_8587 IMG_8590 IMG_8593 IMG_8595 IMG_8596

所要時間は約2分です。

 

 

次に、充電マルチソーで切ってみます。

SK11 充電マルチソー10.8V SMS-108V-13LIS】を使用しました。

IMG_8611

 

鋸刃の回転が十分に上がったら、静かに竹に鋸刃を当てて切断します。

前後に刃を動かすように切っていきます。

IMG_8602 IMG_8603 IMG_8604 IMG_8606

IMG_8608

振動が大きいので、特に女性の方はグリップを握る力が必要になりますが、

竹挽き鋸のように押したり引いたりする力が要らないので、スイスイ切れましたthumbsup

所要時間は約1分です。

 

 

充電マルチソーは、ロックオフボタンを親指で押しながらトリガースイッチ押すと作動します。

IMG_8611 - コピー IMG_8647

 

なお、竹や木材を切断する際など粉塵が出るものを切断するときは防塵マスク・メガネを着用しましょう!

 

 

次に、細い竹の先端を斜めに切ります。

 

まず、3本のうち一番長い竹の長さを決めてマーキングします

IMG_8621

 

手でしっかり固定し、斜めに切断します。

▼マルチソー                                                        ▼竹挽き鋸

IMG_8668 IMG_8624

 

もう2本の竹の、斜めに切断したのと反対側の切断位置を決め、切断します。

IMG_8636 IMG_8639

 

ランダムサンダーで竹の表面の白い粉を落とし…

IMG_8665

 

 

竹の準備は完了です

IMG_8666

 

次回に続きますbamboo

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)