Category : 作ってみよう!

全ネジを使ったおしゃれな棚を作ってみました

 

********************************************************************

【材料】

棚板・・・大2枚・中2枚・小1枚

ユニクロ全ネジ(W3/8×1000)

ナット・袋ナット・ワッシャー

ワトコオイル ワックス

【道具】

コンベックス・曲尺・ドリルドライバー・

ドリルガイド・クランプ・刷毛・モンキーレンチ

【所要時間】

約4時間

********************************************************************

 

① 棚板に穴をあける

好みのサイズの棚板と全ネジを用意します。

今回は厚さ18mmの集成材と、W3/8×1000のユニクロ全ネジを使用しました。

 

 

板や全ネジのカットはホームセンターでしてもらいましょう。

 

棚板の並べ方や位置を決めます。

 

配置が決まったら棚板に全ネジを通すための穴をあけます。

まず。各板の角に4つの穴をあけていきます。

 

角から2cmのところに印をつけ、ドリルドライバーを使い穴をあけます。

 

垂直に穴があけられるようドリルガイドを使用すると便利です

ドリルガイドをしっかりと押さえながら穴をあけましょう。

 

次に、角以外の穴(矢印の部分)をあけていきます。

 

同じ全ネジが通る角の穴(矢印の部分)に合わせてあけます。

 

2枚の板の端を合わせ、板を重ねて穴をあけましょう。

 

この2枚を重ねるときは注意が必要です。

 

底板を利用して重ねる位置を決めましょう。

 

2枚の板をクランプでしっかりと固定します。

 

既にあいている穴に合わせてドリルガイドとドライバーをセットし、穴をあけます。

 

穴あけが終わったらオイルを塗っていきます。

今回はワトコオイルのナチュラルを使用しました。

 

裏面と側面も塗り終わったら乾かしましょう。

 

② 棚を組み立てる

オイルが乾いたら組み立てていきます。

固定の仕方は、ナットとワッシャーで板を挟み固定します。

 

天板や底板にはナットの代わりに袋ナットを使用します。

 

 

まず、底板にナットとワッシャーをつけた全ネジを通し

反対側をワッシャーと袋ナットで固定します。

 

底板に全ネジを通したら上の棚板を通していき、仮で固定します。

 

棚板の高さを調整し、モンキーレンチでナットを締めます。

 

調節ネジを可能な限り締め、固定ジョーに一番力がかかる向きに回します。

反対側のナットは動かないように固定しておきます。

 

 

ラチェットハンドルとソケットレンチを使う方法もあります。

 

全ネジを使った棚の完成です!

棚板のサイズや配置、ワックスの色などを変えてオリジナルの棚を作ってみてくださいね

 

真鍮パイプを使った星形のランプシェードを作ってみました

 

********************************************************************

【材料】

真鍮パイプ(Ø6×0.5×1000mm)・・・3本

真鍮線(#26×14m)・電球・ソケット

【道具】

パイプカッター・バイス・ペンチ・ニッパ―・定規・手袋

【所要時間】

約2時間

********************************************************************

 

① 真鍮パイプをカットする

真鍮パイプをカットする長さに測り、マーキングします。

80mmを20本、60mmを15本用意します。

 

切断にはパイプカッターを使用します。

 

バイスで固定し、パイプカッターで徐々に切り込みを深くしながら切断します。

 

 

② 真鍮パイプを繋げる

カットしたパイプに真鍮線を通します。

 

このような順に通します。

 

両端に2cmずつ余分を残し、真鍮線をカットします。

 

60mmのパイプを底辺にして三角形を作り、頂点をねじってリボン型にします。

 

端に余った線はペンチでねじり、パイプに押し込んで隠します。

 

 

三角を畳んでピラミッド型にしたものを4つ作り、

残りのパイプで60mmのパイプを底辺にした三角形を2つ作ります。

 

この時点で、このようにパーツが分かれます。

 

次に、パーツを組み合わせてこのような形を作ります。

 

残っている60mmのパイプ5本は、この部分に使用します。

 

真鍮線に60mmパイプを1本通し、両側の線をピラミッドの底辺に通します。

 

同じものを4個作り、連結します。

 

真鍮線に60mmパイプを1本通し、その両側に残りの三角形の底辺を通します。

 

先程連結したピラミッドに繋げます。

 

端に出ている余分な線は、パイプ同士の隙間が空かないよう

引っ張りながら絡め、パイプに押し込み隠します。

 

 

次に、端と端(赤丸の部分)を繋げて星形の立体を作ります。

 

③ ソケットを取り付ける

先程繋げた三角の部分からソケットを入れます。

 

 

真鍮線をからめて固定し、パイプに通します。

ソケットに2~3回巻き付け、対角線上のパイプに通し、線をからめて固定します。

 

三角形のもう片方のパイプにも同じように線を通し固定し、形を整えて完成です。

 

ソケットをゴールドに塗ると統一感が出ますよ♩

 

おしゃれな星形ランプシェードの完成です

お部屋に飾るととっても素敵な雰囲気になりますよ

 

棚を作ってみよう!

ファイルやテープ・小物等が整理できる棚をDIYしてみました

 

********************************************************************

【材料】

針葉樹合板 12×910×1820 ・・・2枚

丸棒 ・・・2本

【道具】

マルノコ・マルノコガイド・ドリルドライバー・アングルドライバー・

ドリルガイド・コーナークランプ・サンダー・木工用トリプルカッター

【所要時間】

約3時間

********************************************************************

 

① 板をカットする

どのような形・サイズの棚を作るかを決めます。

 

板をクランプで固定し、必要なサイズに切り出します。

 

マルノコガイドを当て、カットします。

 

板はホームセンターで必要なサイズに切ってもらうこともできますよ。

 

② ビスで固定する

板をコーナークランプで固定し、

 

ビスを打ち込む場所に下穴をあけ

 

ビスを打ち込みます。

 

狭い場所ではアングルドライバーを使うと便利ですよ♩

 

③ 丸棒を取り付ける

次に、丸棒部分の加工をします。

 

ドリルガイドを使用し、トリプルカッターで丸棒の径と同じ大きさの穴をあけます。

 

板を貫通してしまわないよう、注意しましょう。

 

 

穴にダボ用マーカーを置き、

その上に反対側の板を重ねて穴をあける場所に印を付けます。

印を付けたら先程と同じように穴をあけましょう。

 

穴に接着剤を入れ、丸棒を差し込みます。

 

このように2本の丸棒を取り付けます。

 

ビスでとめた後にガタつきがある場合はサンダーで表面を削り、滑らかにします。

 

組み立てが完成しました。

 

お好みで塗料やワックスを塗ります。

 

収納に便利な棚が完成しました

 

ぜひ、オリジナルの棚を作ってみてくださいね :-D

 

 

飾るだけでおしゃれなインテリアにsparkles

ラダーシェルフを作ってみました♩

 

ラダーシェルフとは・・・

「はしご棚」のことで、壁に立てかけておくだけでもお部屋のアクセントになりますが、

棚の部分に雑貨や観葉植物などを飾ることもできますよfour_leaf_clover

 

********************************************************************

【材料】

1×4 6F ・・・3本

WATCOオイル ・・・1缶(200ml)

刷毛・トレイ・ダボ・ウエス

【道具】

曲尺・鋸・ドリルガイド・ドリルドライバー・サンダー・ダボ用マーカー

【所要時間】

約2~3時間

********************************************************************

 

 

① 板をカットする

脚用の板をカットします。

 

棚を壁に立て掛けた際の傾きを決め、角を切り落とします。

 

黒色の三角形部分を切り落とします。

三角形は4つとも同じ大きさです。

 

鋸を使って切り落とします。

 

棚板も必要な長さに切断しておきましょう。

 

脚と棚板がこのようなパーツに分かれます。

 

お好みで、板にエイジング加工を施します。

 

加工ありとなしでは、ワックスを塗った際にこのような違いがあります。

参考にしてみてくださいね♩

 

 

② ダボを使って組み立てる

棚板を取り付ける位置を決めます。

 

先程切り落とした角の部分を使い、マーキングします。

 

角の部分をこのように合わせ、斜めにマーキングします。

 

マーキングに沿って、この角度で棚板を取り付けます。

 

棚板はダボ継ぎで取り付けます。

ダボとは・・・木材同士をつなぎ合わせる際に使用する木製の棒。

 

ドリルガイドを使って、脚用の板に垂直にダボ穴をあけます。

 

板を貫通しないよう、ビットにテープを巻いて印を付けておきましょう。

 

ダボ穴にダボ用マーカーを置きます。

 

ダボ用マーカーを使うことで、ダボ用の下穴位置をマーキングできます。

 

棚板の断面を合わせ、押しつけて印を付けます。

 

板の向きやはめ込む位置を間違えないように番号を打っておきましょう。

 

ダボ用マーカーで付けた印をもとに、棚板側にもダボ穴をあけます。

 

ダボ穴に接着剤を入れ、

 

棚板側にダボを差し込み、脚側のダボ穴に差し込みます。

 

先に片側の棚板を脚をつなげ、

 

棚板の片側にダボ用マーカーで印を付けます。

 

ドリルガイドを使い棚板にダボ穴をあけ

 

ダボ穴に接着剤を入れ、ダボを差し込み板を合わせます。

 

接着剤を乾燥させ、ワックスで仕上げて完成です。

 

 

お部屋に合わせて色や大きさを変えて作ってみてくださいね(*^^*)sparkles

 

塩ビパイプを使ったパイプラックを作ります!

 

********************************************************************

【材料】

塩ビパイプ・棚板2枚・パイプ固定金具・接着剤

VP管エルボ・VP管チーズ・VP管キャップ

プライマースプレー・ラッカースプレー・ビンテージワックス

【道具】

コンベックス・鋸・ベルトサンダー・ガストーチ・ハンマー

ブラシ・ウエス・壁裏探知機・アルミレベル・ドリルドライバー

【所要時間】

約4時間

********************************************************************

 

 

① 塩ビパイプをカットする

塩ビパイプを必要な長さに切断します。

 

長さを測り印をつけ、塩ビパイプ用の鋸刃で切断します。

 

塩ビパイプをしっかりと押さえて切りましょう。

 

bulb鋸以外にも、エンビカッターを使って切るのも便利ですよ♩

エンビカッター

 

 

② 塩ビパイプを塗装する

切り終わった塩ビパイプ、VP管エルボ・チーズ・キャップを塗装していきます。

 

きれいに塗装できるよう、プライマースプレーを使い下塗りをします。

 

下塗り剤が乾いたら色を塗っていきます。

 

ムラにならないよう均一に塗るようにします。

 

塗り漏れがないよう何度か塗装したら乾かしましょう。

 

 

③ 組み立てる

塗料が乾いたら組み立てていきます。

塩ビパイプ用の接着剤で接着させ、乾燥させましょう。

 

 

このような形に仕上がりました。

 

 

④ 棚板を加工する

次に、棚板を加工していきます。

このような道具を使いヴィンテージ風に加工します。

 

サンダーで表面を削ったり、ハンマーで穴をあけたり、

ガストーチで焦げ目をつけたりして、ヴィンテージ風に傷をつけます。

 

 

仕上げにワックスを塗っていきます。

ブラシなどを使い、溝などの細かな部分にもしっかりと塗りましょう。

 

30分程乾燥させたらウエスで乾拭きします。

乾拭きすると、加工した部分が浮かび上がってきました。

 

拭き取りが終わったら完全に乾燥させてください。

 

 

⑤ 壁に取り付ける

ドリルドライバーを使い、壁に取り付けます。

 

棚板が水平に置けるか、アルミレベルで確認してから取り付けましょう。

 

warning下地(柱)の確認が必要な場合は・・・

壁裏探知機を使い、下地の位置を特定します。

 

側面のスイッチを押しながらスライドさせ、緑のランプが付きブザー音が鳴ったところに印をつけます。

 

印を付けたところが下地の端になります。逆方向から再度行いましょう。

 

下地の場所が特定できたら、その上にネジで止めます。

 

 

最後に、パイプと棚板を金具で固定します。

金具が棚板から見えないようにして止めます。

 

パイプラックの完成ですsparkles

 

パイプをマットな黒に塗装、棚板をヴィンテージ加工することで

「男前インテリア」に仕上がりました♩

お部屋の雰囲気に合わせてパイプの色や棚板を変えてみてくださいねblush

 

銅パイプを使ったプランターハンガーを作ります。

銅には殺菌・防虫効果があると言われています♫

 

********************************************************************

【材料】

銅パイプ(Ø6×0.5×1000mm)・・・3.5枚

銅線(#26×14m)

金具 リング

【道具】

パイプカッター・バイス・ニッパ・ペンチ・コンベックス

【所要時間】

約2時間

********************************************************************

 

 

① 銅パイプをカットする

銅パイプ(今回は直径6×05×1000mm)を必要な長さにカットします。

 

 

切断する長さを測り、印を付けましょう。

 

切断にはパイプカッターを使います。

パイプはバイス等でしっかりと固定してください。

 

パイプカッターの使い方です。

パイプカッターを一周させたらノブを締めます。

数回繰り返し、切り込みを深くしていきます。

切り込みを一度に深くせず適度に調整してください。

  

 

長いパイプ(30cm)を5本、短いパイプ(10cm)を20本用意します。

※長さはプランターに合わせて調節してください。

 

 

② 銅パイプを繋げる

銅線(#26×14m)を使ってパイプを繋げていきます。

 

パイプの繋げ方です。

長めに切った銅線を赤い部分に通します。

矢印の方向に通し、一周させましょう。

 

次に、左隣の部分を繋げます。

先程と同じように長めに切った銅線を一周させ、最初に作った部分と繋げましょう。

 

同じように横へ横へと繋げていきます。

 

一番左まできたら、全体が輪になるように

最初に作った部分の短いパイプと繋げましょう。

 

繋げ終わるとこのような形になります。

 

最後に、出ている銅線を金具に結びつけます。

 

プランターハンガーの完成です

 

金具をフックにひっかけて飾ってくださいね♪

 

木枠で棚を作ってみよう!

様々な大きさの木枠を重ねた棚を作ります

 

********************************************************************

【材料(ボックス約10個作成時)】

針葉樹合板(12×910×1820)・・・2枚

ネジ

【道具】

コーナークランプ・ハイス皿取錐・ドリルドライバー

【所要時間】

約3時間

********************************************************************

 

 

板(今回は12×910×1820mm)を2枚用意し、カットします。

 

鋸などを使い自分で切ることもできますが、

ホームセンターで希望のサイズにカットしてもらうと簡単ですよ♫

 

カットした4枚の板をネジで止めます。

 

板がずれないようにコーナークランプを使いましょう。

 

下穴をあけます。

ハイス皿取錐を使い、下穴あけと皿取りを同時に行いました。

  

 

★皿取りとは…

ビスの頭を沈めるためのスペースを作ること。

皿取りをすることで見た目がきれいに仕上がり、木材のヒビ割れのトラブルが無くなる。

 

ポイント

違う場所に下穴をあけてしまった場合の対処法です。

 

穴にボンドを入れ、木くずを詰めます。

 

要らない木くずを払うと穴が目立たなくなります。

 

 

下穴があけ終わったらネジで固定し、

 

できた木枠を並べて棚の完成です。

 

木枠同士は固定していないので、並べ替えて違う形の棚を作ることができます。

いくつかパターンをご紹介します

 

パターン①

 

パターン②

 

パターン③

 

パターン④

 

パターン⑤

 

 

雑貨などを飾っておしゃれなインテリアの完成です

ご紹介したパターンを参考にして、自分だけの棚を作ってみてくださいね
blush

 

壁紙を貼ってみよう!

お部屋の雰囲気をガラッと変えることができる♫

壁紙の貼り方をご紹介します

 

********************************************************************

【材料】

壁紙(のり付き)・・・約9m分

【道具】

カッター・地ベラ・竹ベラ・のばし刷毛・

内装用ローラー・メジャー・はさみ・スポンジ

【所要時間】

約2~3時間

********************************************************************

 

 

 

① 壁紙を貼る

壁紙を実際の壁の長さ + 5cm位の長さでカットします。

 

カットした壁紙を貼りつける前に印刷を確認し、

天地が印刷されている場合は、【天】が上・【地】が下になるように貼ります。

 

フィルムを50cm程はがし、2~3cm程切りしろを作るように貼りつけます。

 

 

残りのフィルムをはがして貼りつけ、のばし刷毛で空気を抜いていきます。

 

② 余分をカットする

余分をカットするために、竹ベラで折り目をつけましょう。

 

地ベラを角にしっかりと当て、スライドさせながら余分をカットします。

切り始めたらカッターの刃を壁から離さないようにしましょう。

  

 

最後は逆方向からカットします。

 

 

ポイント

角は二つ折りにして折り目をつけ、2枚重ねてカットしましょう。

 

 

右端の余分も同じようにカットします。

 

 

ポイント

余分をカットするときは、地ベラとカッターを壁に沿わせ

カッターの刃はできるだけ寝かせてカットすると切り口がきれいに仕上がります。

 

また、カッターの刃はこまめに取り換えましょう。

 

※ 出っ張った部分に貼るときは、角に向かって切り込みを入れて貼りましょう。

 

 

余分を取り除いたら濡らしたスポンジを固くしぼり、ふちについた糊を拭き取ります。

 

 

 

 

② 2枚目を貼る

2枚目を貼るときは、1枚目に3~4cm重ねて適当な場所に張りつけ

左側にたるみを作るようにします。

 

柄を印(今回は▲)の位置で合わせ、柄がぴったり合うように壁紙をずらしていきます。

 

パラパラと壁紙をめくり、柄がずれていないか確認します。

 

貼る位置が決まったら、のばし刷毛で空気を抜きます。

 

ジョイント部分をカットします。

柄の端から5mm位のところを2枚重ねてカットし、カットした余分を2枚とも取り除きます。

 

ジョイントローラーでつなぎ目を圧着します。

 

残りの余分をこれまでと同じように取り除きます。最後は逆方向からカットしましょう。

  

 

 

 

完成です

 

 

腰壁を貼ってみよう!

ヴィンテージ風の腰壁の塗装・貼り方をご紹介します :-D

IMG_0086

 

********************************************************************

【材料】

羽目板・塗料・見切り板

【道具】

(塗装) ローラー・刷毛・トレー

(ヴィンテージ風加工) 金槌・釘・サンダー・ワックス・ウエス

(板の貼り付け) エアタッカー・エアコンプレッサー・あて木

【所要時間】

約3時間(塗料の乾燥時間含まず)

********************************************************************

 

腰壁とはquestion

腰の高さ位までの壁のことで、汚れやすい足元から腰のあたりまでの本来の壁を保護するための目的で施工されるそうです。

近年ではお洒落なインテリアとして、DIYで自分好みの腰壁を貼るのも流行っていますねsparkles

 

 

①羽目板を塗装する

細かい部分は刷毛、広い部分はローラーで塗装します。

2塗装刷毛 3塗装ローラー

2~3回塗り重ね、乾燥させます。

4乾燥

 

 

 

②塗装した板に、ヴィンテージ風の加工をする

サンダーで表面を削ったり、

5サンダー

金槌で叩いて凹ませたり、

7金槌

釘を打ち付けたり引っ掻いたりして傷を付けます。

6釘 8釘2

その上に刷毛でワックスを塗り、ウエスでふき取ります

9ワックス塗る 10ワックス拭く

傷を付けた部分にワックスが染み込み、古びた風合いが出ますsmile

IMG_0437

 

 

 

③エアタッカーで壁に貼り付ける

板の裏面に接着剤を付け、

12ボンド

エアタッカーで壁に貼り付けます。

warningステープルを打ち込む対象物に射出口を押し当て、安全装置が引っ込んだ状態でトリガを引いてください。

13えあたっかー (2)

板を凹部分にしっかりはめるために、あて木を添えて金槌で軽くたたきはめ込みますhammer

14あてき 15

 

 

 

見切り板を取り付けて完成ですexclamation

IMG_0086

 

様々な電動工具を使って自分好みの棚をDIY♪♪

アンティーク風のを作って取り付けてみましたblush

 

 

************************************************************************************************************

【材料】

板・棚受け×2・塗料

【道具】

ジグソー・ランダムサンダー・トリマー・ドリルドライバー・壁裏探知機・

クランプ・超硬ルータービット・刷毛・コンベックス・水糸・下穴用ドリルガイド・アルミレベル

【所要時間】

約2時間30分

************************************************************************************************************

 

① 板を切る

板を用意し、切りたい形に線を引きます。

今回はこのように2か所の角を円く切り落とします。

 

 

板が動かないようクランプなどでしっかりと台に固定してください。

 

切断にはジグソーを使用します。

ノコギリなどでもでも代用できますよ

 

warningジグソーを使う時の注意点です。

刃を板に当てた状態でスイッチを入れないで下さい。

ジグソープレートの回転数が十分に上がってから材料に当て、切り始めてください。

 

ベースプレートのくぼみが線の上を行くように切り進めます。

 

ベースプレート全面が板に接するように切り進めてください。

ジグソープレートの動きが鈍くならない程度の速度で切り進めてください。

 

 

切り終わったらランダムサンダーを使い、切り口が滑らかになるよう研磨します。

 11

 

 

② 面取りをする

次に、トリマーを使って面取りをしていきます。

 

コロ付きルータービットはコロの部分で板の端に止まるので

板の側面をなぞっていくだけで面取りができます。

 

warningトリマーを使う時の注意点です。

スイッチを入れ、ビットの回転が安定してから板に当ててください。

トリマーを止める時は板から離した状態でスイッチをオフにしてください。

 

誤った方向にトリマーを送ると大変危険です。

板の外周を削る場合は反時計回り、内周は時計回りに送ります。

 

押し付ける力が均一でないときれいに面取りできなかったり、

動かすスピードが遅すぎると焼けてしまうため注意してくださいね。

 

 

ベースプレートを指で押さえながら面取りします。

 

 

面取りが終わったら、塗料が塗りやすいようにランダムサンダーで表面を研磨します。

 

塗料を塗り、乾いたら板の準備は完了です。

 

 

③ 壁に棚を取り付ける

板を取り付ける高さを決め、壁に印をつけます。

印に合わせて水糸を張りましょう。

 

 

センサーを使って壁裏の柱を探します。

今回はジルコンの壁裏探知機を使用しました。

 

側面のスイッチを押しながらゆっくりとスライドさせます。

 

緑のランプが付き、ブザー音が鳴ったところが柱の端になります。

 

逆方向から再度行い、柱の位置を特定してください。

 

ドリルドライバーを使って棚受けをネジ止めしていきますnut_and_bolt

まずは、先程調べた柱の位置に合わせて下穴をあけます。

 

 

位置がずれないように、1か所ずつネジ止めしておきます。

 

棚受けを支えながら棚板を置き、アルミレベルで水平を確認します。

気泡が中心にきていることを確認してください。

 

水平が確認できたら残りの箇所もネジで止めていきます。

最初のネジ止めから対角位置を先に止めると固定しやすいですよsparkles

 

棚受けに棚板を固定します。

棚板が動かないよう注意しながら、先程と同じように下穴をあけネジ止めを行ってください。

 

おしゃれなアンティーク風の棚の完成ですstar2

 

小物や観葉植物を飾ってお部屋のアクセントにherb

棚板の形や棚受けを変えて、自分好みの棚を作ってみてくださいねlaughing