カードや小物をおしゃれに飾れる、ディスプレイボードの作り方をご紹介します

1_R

 

********************************************************************

【材料】

枠用の木・網・塗料・吊り下げ用金具・接着剤

【道具】

鋸・鋏・刷毛・スポンジ・ランダムサンダータッカー

【所要時間】

約2時間

********************************************************************

 

作り方

 

①枠のサイズを決め、木をカットする

お好みでサイズを決め、鋸で切断します。

3_R 4_R

 

②表面を研磨する

ランダムサンダーを使って、表面が滑らかになるように研磨します

6_R 5_R

 

③塗料を塗る

刷毛で塗料を塗ります。

今回はターナーのミルクペイントを使用しました。

全体に塗れたら、しっかり乾かします。

7_R 8_R

 

塗料が乾いたら、アンティークメディウムを使用し古びた風合いを出します。

スポンジで少しずつ汚すと、アンティークな雰囲気に仕上がります。

10_R 11_R

 

④接着剤で接合する

枠の四隅を接着剤で接合し、乾燥させます。

12_R 13_R

枠が完成しました!

14_R

 

⑤網を切る・汚す

網を切断します。

網はホームセンターで切り売りされているものを使用しました。

(焼き網でもOKです)

15_R

網もアンティークメディウムで汚すと、枠の風合いとマッチします

17_R

 

⑥吊り下げ用金具を付ける

枠に吊り下げ用の金具を取り付けます。

一般的に、三角吊カン・三角額吊カン…ect. と呼ばれており、額縁コーナーに置いてあります。

18_R 19_R

金具は網を張る前に取り付けましょう

20_R

 

⑦網を貼る

タッカーで網を取り付けます。

たるまないように手で押さえながら張りましょう

21_R 22_R

 

完成です!

クリップでカードを留めたり、アクセサリーを飾ってお部屋のインテリアに

24_R

 

 

道具の紹介

 


 

N4977292490757 E4977292490757_2 EWS-220R_20190516

▶▶ 製品情報はこちら

 


 

▶▶ 製品情報はこちら

 

 

藤原産業のTwitterでも役に立つ情報を発信中です!!

ぜひ、こちらのフォローやいいねもお願いします

 

▶ Twitter ◀

 

 

 

 

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)