木枠で棚を作ってみよう!

様々な大きさの木枠を重ねた棚を作ります

 

********************************************************************

【材料(ボックス約10個作成時)】

針葉樹合板(12×910×1820)・・・2枚

ネジ

【道具】

コーナークランプ・ハイス皿取錐・ドリルドライバー

【所要時間】

約3時間

********************************************************************

 

 

板(今回は12×910×1820mm)を2枚用意し、カットします。

 

鋸などを使い自分で切ることもできますが、

ホームセンターで希望のサイズにカットしてもらうと簡単ですよ♫

 

カットした4枚の板をネジで止めます。

 

板がずれないようにコーナークランプを使いましょう。

 

下穴をあけます。

ハイス皿取錐を使い、下穴あけと皿取りを同時に行いました。

  

 

★皿取りとは…

ビスの頭を沈めるためのスペースを作ること。

皿取りをすることで見た目がきれいに仕上がり、木材のヒビ割れのトラブルが無くなる。

 

ポイント

違う場所に下穴をあけてしまった場合の対処法です。

 

穴にボンドを入れ、木くずを詰めます。

 

要らない木くずを払うと穴が目立たなくなります。

 

 

下穴があけ終わったらネジで固定し、

 

できた木枠を並べて棚の完成です。

 

木枠同士は固定していないので、並べ替えて違う形の棚を作ることができます。

いくつかパターンをご紹介します

 

パターン①

 

パターン②

 

パターン③

 

パターン④

 

パターン⑤

 

 

雑貨などを飾っておしゃれなインテリアの完成です

ご紹介したパターンを参考にして、自分だけの棚を作ってみてくださいね
blush

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)