Category : 作ってみよう!

今回は2×4材を特別な工具は不要のラブリコを使って、自宅の棚を作ってみました!!

2×4材には傷をつけたり色を塗ったりすることで使い古したような雰囲気を出すエイジング加工を施し、

おしゃれで格好良く仕上げています

********************************************************************

【材料】

2×4材(柱用・棚板用)

【道具】

丸鋸パームサンダー

(エイジング加工)金槌のこヤスリ・ネジ

(塗装)ワックスウエス

********************************************************************

 

 

作り方

 

①木材を適切なサイズに罫書く

用意した木材を必要なサイズにカットするために罫書きます。

<柱>

今回は柱用に長さ2440mmの木材を3本用意しました。

天井高2400mmの部屋に設置するために、マイナス8㎝のところで罫書きます。

<棚板>

棚板を3枚作れる長い木材を2枚用意しました。

600㎜幅の棚板を作りますが、カットすると多少ずれてしまうため、2㎜長めに罫書いていきます。

 

warning2×4材は曲がっていたり長さが違う場合があります!

まとめて罫書くことはせず、1個ずつサイズを測り罫書きましょう。

 

②丸鋸でカットする

罫書いた線に沿って、丸鋸でカットします。

warning丸鋸はキックバックするため、必ず木材を離した状態でスイッチを入れてから押し込んでください!

 

③木材の表面を研磨する

カットした木材の表面をパームサンダーを使って研磨します。

 

④エイジング加工を施す

今回はこのような方法でエイジング加工を施しました。

・ネジを転がし上から金槌で叩く・のこヤスリで木材の角を削る・ネジでひっかき傷を作る

 

⑤ワックスを塗る

ターナーのオールドウッドワックスをウエスを使い塗っていきます。

全てのワックスを塗り終えたら乾かします。

 

ワックスが乾いたら、新しいウエスで拭き取っていきます。

すると、エイジング加工した部分にワックスが入りこみ、古びた雰囲気が出てきました。

 

⑥ラブリコを使って設置する。

ラブリコの2×4アジャスター・棚受(シングル・ダブル)を使い、設置を行います。

 

完成です

 

▶▶動画でご覧になる方はこちら

 

 

ラブリコとは?

今回使ったラブリコの2×4アジャスターは、特別な工具は必要なくジャッキの力を利用してしっかり柱を固定できるDIYパーツです。同色の棚受とセットで使うと、統一感のある棚が作れますよ

▶▶ラブリコについての詳細はこちら

 

 

道具の紹介

1. SK11 10.8Vマルノコ

 

小型で軽量!片手サイズの丸鋸

切込深さ24mm(90度切断)・19mm(45度)で木工薄板の切断に最適です。

※実作業には別メーカーの商品を使用しております

▶▶ 製品情報はこちら

2. SK11 10.8Vパームサンダー

 

木材表面の仕上げ研磨だけでなく、コーナー部の研磨にも便利!

軽量・コンパクトに加え、低振動・低騒音(ギア式に比べ)で使いやすいパームサンダーです。

▶▶ 製品情報はこちら

 

 

藤原産業の各SNSでは役に立つ情報を発信中です!!

ぜひ、各SNSのフォローやいいねもお願いします

 

▶▶ InstagramFacebookTwitterYouTube ◀◀

 

 

 

腰の高さ位までの壁に板が貼られている「腰壁」

本来は汚れから壁を保護するのが目的だそうですが、

近年ではおしゃれなインテリアとして、DIYで自分好みの腰壁を貼るのも流行っています

 

そんな「腰壁」を今回はヴィンテージ風に加工して貼りつけてみました

IMG_0086

********************************************************************

【材料】

羽目板・塗料・見切り板

【道具】

(塗装)ローラー・刷毛・トレー

(ヴィンテージ風加工)金槌・釘・サンダー・ワックス・ウエス

(板の貼り付け)エアタッカーエアコンプレッサー・あて木

【所要時間】

約3時間(塗料の乾燥時間含まず)

********************************************************************

 

 

作り方

 

①羽目板を塗装する

細かい部分は刷毛、広い部分はローラーで2~3回塗り重ね、乾燥させます。

2塗装刷毛 3塗装ローラー 4乾燥

 

②ヴィンテージ風の加工をする

塗装した板をサンダーや金槌、釘を使って傷をつけます。

5サンダー 7金槌 6釘 8釘2

その上からワックスを塗りウエスでふき取ると、古びた風合いが出ます。

9ワックス塗る 10ワックス拭く IMG_0437

 

③エアタッカーで壁に貼り付ける

板の裏面に接着剤を付け、エアタッカーで壁に貼り付けます。

warningステープルを打ち込む対象物に射出口を押し当て、

安全装置が引っ込んだ状態でトリガを引いてください。

12ボンド 13えあたっかー (2)

板を凹部分にしっかりはめるために、あて木を添えて金槌で軽くたたきはめ込みます。

14あてき 15

 

見切り板を取り付けて完成です

▶▶動画でご覧になる方はこちら

 

道具の紹介

1. E-Value 吸塵&変速ベルトサンダー EWS-76VLN

 

手持ち式でも卓上型としても使えるのが大きな特徴!

付属のクランプで逆さ固定が可能ですので、板をヴィンテージ加工するのに大活躍しました。

また集塵袋への自動集塵機能付き、ダイヤル式回転速度調整機能付きと優秀なサンダーです。

▶▶ 製品情報はこちら

2. SK11 エアタッカー

 

 

ダイキャストボディで頑丈なエアタッカー!

先端を部材に当てないと発射しない安全装置付きですので、安心してお使いいただけます。

サンプルネイル・安全グラス・ネイラーオイル・ケース・取扱説明書が付属しています。

▶▶ 製品情報はこちら

3. SK11 エアコンプレッサ SR-102

 

 

レギュラーサイズのオイルレスエアーコンプレッサー!

エアタッカーを使うには十分なタンク容量です。

▶▶ 製品情報はこちら

 

エアーコンプレッサーについてもっと知りたい方はこちらの動画がおすすめ!

 

 

藤原産業の各SNSでは役に立つ情報を発信中です!!

ぜひ、各SNSのフォローやいいねもお願いします

 

▶ InstagramFacebookTwitterYouTube ◀

 

 

 

今回はファイルやテープ・小物などを整理できる棚の作り方動画を公開しますsmiley

 

**************************************************************************

【材料】

針葉樹合板 12×910×1820 2枚

丸棒 2本

【道具】

丸鋸

L型クランプ

丸鋸ガイド

ドリルドライバー

六角軸ハイス皿取錐

コーナークランプ

アングルドライバー

ドリルガイド

ダボ用マーカー

接着剤(木工用ボンド)

サンダー

木工用トリプルカッター

**************************************************************************

 

①板をカットする

どのようなサイズ・形の棚を作るかを決めます。

 

板をクランプで固定し、必要なサイズに切り出します。

 

丸鋸ガイドを当て、カットします。

◆◆SK11 10.8Vマルノコ 本体 SCS-108V-15RL  (JAN:4977292400114)◆◆

N4977292400114

211110_ブログ仕様-06 211110_ブログ仕様-02

 

板はホームセンターで必要なサイズに切ってもらうこともできますよ

 

②ビスで固定する

板をコーナークランプで固定します。

◆◆コーナークランプは 形状が違うものが5種類ございます◆◆

N4977292222952 N4977292221313 N4977292221177 N4977292222990 N4977292222921

各コーナークランプにつきましてはカミヤ先生のDIY教室にてご紹介いただいていますsparkles

【DIY入門】コーナークランプで額縁や棚を作ろう!SK11やE-Valueのクランプの締め付け強度や使い勝手を完全レビュー

 

ビスを打ち込む場所に下穴をあけます。

◆◆SK11 六角軸ハイス皿取錐◆◆

211110_ブログ仕様-8

N4977292869430 N4977292869447 N4977292869454 N4977292869461

 

ビスを打ち込みます。

 

狭い場所ではアングルドライバーを使うと便利ですよ

※上写真のアングルドライバーは廃盤となっております。

◆◆SK11 10.8VアングルID SAID108V-15RLS  (JAN:4977292400091)◆◆

 

N4977292400091

211110_ブログ仕様_アートボード 1 211110_ブログ仕様-04

 

③丸棒を取り付ける

次に、丸棒部分の加工をします。

 

 

ドリルガイドを使用し、トリプルカッターで丸棒の径と同じ大きさの穴をあけます。

◆◆SK11 ワンタッチ式ドリルガイド SIDG-1  (JAN:4977292329958)◆◆

N4977292329958

211110_ブログ仕様-07

 

板を貫通してしまわないよう、注意しましょう。

 

穴にダボ用マーカーを置き、その上に反対側の板を重ねて穴をあける場所に印を付けます。

印をつけたら先程と同じように穴をあけましょう。

 

穴に接着剤を入れ、丸棒を差し込みます。

 

このように2本の丸棒を取り付けます。

 

ビスでとめた後にガタつきがある場合はサンダーで表面を削り、滑らかにします。

  

◆◆E-Value 吸塵&変速ベルトサンダー EWS-76VLN  (JAN:4977292489683)◆◆

N4977292489683

211110_ブログ仕様-03 211110_ブログ仕様-05

 

組み立てが完成しました。

 

お好みで塗料やワックスを塗ります。

 

収納に便利な棚が完成しました。

ぜひ、オリジナルの棚を作ってみてくださいねheartbeat

 

 

本日は作業台に最適な【ヒノキの馬】を制作します。

こちらはカミヤ先生のDIY!家具教室にて販売されているDIYキットです。

動画は本日19時頃公開予定ですblush

外部リンク:藤原産業公式YouTubeチャンネル>>

 

馬キットの詳細や作り方についてはYouTube、ブログ等で確認してください。

●カミヤ先生のDIY!家具教室:YouTube

【簡単DIY】作業台には馬が最適!DIYキット「ヒノキの馬」の作り方をパクってね!

ブログ(外部リンク):作業台に最適!DIYキット【ヒノキの馬】で丸ノコやインパクトの練習をする

 

前回のピザプレート制作では反省点がでてきました。反省点はDIY初心者のため技術力不足であるというはもちろんですが、

作業台への固定が難しく、その分時間がかかってしまい作業がうまく進みませんでした。

カミヤ先生のDIY!家具教室にて販売されている馬キットは作業台に最適で、DIY初心者には程よい難易度なので、作ると技術力が上がります。

 

**************使用する工具**************

・丸鋸

・ドリルドライバー

・インパクトドライバー

・パームサンダー

・丸鋸ガイド

・曲尺

・メジャー(コンベックス)

・クランプ

・建築用ペンもしくは鉛筆

・鑿(のみ)

・金槌

・ビット

・皿取錐

・下穴錐

・65mmコーススレッド(8本)

・90mmコーススレッド(20本)

******************************************

 

①木材に必要な寸法を測り罫書き(ケガキ)作業を行う

曲尺とペンを使用して木材に罫書いていきます。

「罫書き(ケガキ)」とは…

物を作るときに材料に点や線などで目印をつけることです。

 

②丸鋸を使って溝を作る

丸鋸を使って溝を掘っていきます。

SK11 10.8Vマルノコ 本体 SCS-108V-15RL (JAN:4977292400114)

 

N4977292400114

・丸鋸の注意点

バッテリーを差してロックオフボタンを押してトリガーを握ると動きます。

ロックオフボタン

丸鋸は非常に危ない工具ですので、切る深さを変える時や鋸刃を交換するとき、どこかに置くときにはバッテリーを外してください。

また、刃物なので手を近づけない、持ち運びする際はトリガーに指をかけないようにしてください。

 

2本同時にカットするので木材の溝の位置を合わせてクランプで固定します。罫書いた線の内側を丸鋸ガイドを使い丸鋸で溝を入れていきます。

SK11 クイックバークランプ SRC-300 (JAN:4977292223386)

 

N4977292223386

 

・注意点

丸鋸は回転を始める前に木材に当てるとキックバックや木材の割れにつながります。

はじめは木材から離して回転数が上がってから木材に当てるようにしてください。

 

溝の両側に切れ込みを入れ終えたら、溝の中心部分に切れ込み(2mm間隔ほど)を細かく入れていきます。

丸鋸切込み位置図__アートボード 1

③鑿(のみ)で溝を掘る

のみを使って木片をはがしていきます。固いところは金槌を使います。

 

④脚を取り付ける

溝に脚をはめ込んでいきます。そのままだとはめ込めないので脚材の先端を金槌で叩きます。

先端が叩き終わったら溝にはめ込みます。少し入りづらいのであれば当て木をして上から金槌で叩きます。

溝に脚がはめ込めたら曲尺で垂直かどうか確認します。垂直でない場合は叩いて微調整します。

 

⑤脚の補強をする

筋交いを取り付けて脚の補強をします。まず曲尺を使って筋交いを固定する位置を決めて罫書きます。

次に筋交いが動かないように下穴をあけた後にドリルドライバーでビス止めをします。

ドリルドライバーを使って皿取錐で皿取りしてから下穴錐で下穴を開け、インパクトドライバーでビス止めをします。

残りの箇所も同じように固定していきます。

 

SK11 10.8VドリルDV SDD-108V-15RLS (JAN:4977292400077)

SK11 10.8VインパクトDV SID-108V-15RLS (JAN:4977292400084)

 

N4977292400077 N4977292400084

 

 

⑥脚元部分を取り付ける

脚元部分を取り付ける位置を罫書いてからドリルドライバーで皿取をしておきます。

脚材に脚元部分を合わせてドリルドライバーで下穴を開けていきます。その後にインパクトドライバーでビス止めをしていきます。

最後にパームサンダーで角を#240程度のペーパーで面をとっていきます。

SK11 10.8Vパームサンダー本体 SPS-108V-15RL (JAN:4977292400121)

 

N4977292400121

 

10月31日はハロウィンということで本日は簡単にできるモビールの作り方動画を投稿しますjack_o_lantern

 

モビールとは…

複数の軽いオブジェ(紙・プラスチック・金属板・薄い木の板など)を糸や針金で吊るしたものです。

バランスを取りながら動くためふわふわと揺れ動くのが特徴で、

ベビーベッドの上に飾ったり、天井から吊るしてインテリアとして使われたりします。

 

【材料・道具】

色画用紙・テグス・木の枝・ハサミ・カッター・のり
【所要時間】

約2時間(モチーフの形によって変わります)

 

①モチーフを作る

モチーフに使う色画用紙、テグス、モチーフを吊るす木の枝を用意します。

 

モチーフの型紙を用意します。

 

型にそって型紙を切り取ります。

 

切り取った型紙を使い、画用紙に下書きします。
型紙がずれないようにして型をとります。

 

立体的にしたいモチーフは複数枚切ります。
今回はかぼちゃのモチーフを立体的にするため6枚切りました。

 

〇立体的なかぼちゃのモチーフの作り方

すべてを2つ折りにします。
折り目から半分だけのり付けし、折り目が合うようにして張り合わせていきます。

 

 

 

最後の一面を貼る前に、木の枝を結んだテグスを通します。
木の枝はテグスが抜けないようにするストッパーの役目をしています。

 

 

最後の一面を貼り合わせて、かぼちゃのモチーフの完成です。

②モチーフをつなげる

 

モチーフのつなげ方を決めます。

 

画鋲を使い、テグスを通すための穴をあけます。
上下2か所に穴をあけてください。

 

 

かぼちゃのモチーフにつながっているテグスを下の穴に通し、抜けないように丸結びします。

 

 

さらにモチーフ同士をテグスでつなげ、最後にバランスを見ながら木の枝に結び付けます。

 

同じように他のモチーフもつなげて、完成ですsparkles

モチーフはアイデア次第で写真や布、ビーズなど違う素材でもつくることができます。

季節やイベントによってモチーフを変えてみてくださいねstar

 

 

本日投稿する動画は、前回の動画「除草剤【ラウンドアップ】の効果を検証してみた!!」にて使用した
ペットボトルにウォーターミルクペイントで塗装しますsparkles

(本日、公式YouTubeチャンネルにて19時頃投稿予定です)

———-今回使用する商品詳細———-

ウォーターミルクペイント 100mLクリームバニラ (JAN:4512582020001)

ウォーターミルクペイント 100mLインクブラック (JAN:4512582020018)

ウォーターミルクペイント 100mLリネンベージュ (JAN:4512582020025)

ウォーターミルクペイント 100mLチョコブラウン (JAN:4512582020032)

ウォーターミルクペイント 100mLミストグリーン (JAN:4512582020049)

ウォーターミルクペイント 100mLフレッシュピンク (JAN:4512582020056)

ウォーターミルクペイント 100mLミストブルー (JAN:4512582020063)

ウォーターミルクペイント 100mLマイルドグレー (JAN:4512582020070)

ウォーターミルクペイント 100mLアーミーグリーン (JAN:4512582020087)

アンティークメディウム 100mL (JAN:4512582020100)

ペットボトルに塗装する際は下地塗りに水性プライマー、汚れ防止や仕上げコート剤として水性トップコートがおすすめですsparkles

 

N4512582020001 N4512582020018 N4512582020025 N4512582020032 N4512582020049 N4512582020056 N4512582020063 N4512582020070 N4512582020087 N4512582020100

 

 

●前回の動画 除草剤【ラウンドアップ】の効果を検証してみた!! はこちら

 

セフティ-3 ペットボトル用ジョーロ 小 2PCS(JAN:4977292672238)

N4977292672238

ペットボトルにつけるだけで手軽に水やりを楽しめます。
・お部屋に置いても目立たないカラーです。
・ペットボトルを押えて水量調整ができます。
・お得な2個入りです。

 

本日公式YouTubeチャンネルにて動画投稿するのはピザプレート作成第2弾です。

(本日19時頃投稿予定です)

ブログでは、動画内で使用している工具について詳しく記事に書いていきたいと思いますblush

前回の動画はこちらpoint_down

前回はピザプレートの木材カットから研磨作業を行いました。

———-前回使用した工具はこちら———-

SK11 テーブルソー 255mm STS-255ET(JAN:4977292488730)

SK11 卓上糸鋸盤400mm SSC-400PE(JAN:4977292499033)

SK11 スピンドルサンダー 330W SWS-330SP(JAN:4977292492539)

SK11 ベルトクリーナー VC-100(JAN:4977292493406)

E-Value トリマー 450W EWT-450N(JAN:4977292490610)

 

N4977292488730N4977292499033N4977292492539N4977292493406N4977292490610

 

今回の動画はピザプレート作成の最終工程、溝彫り~塗装(完成)ですexclamation

以下は今回使用している電動工具や塗料ですstar

———-今回使用している工具はこちら———-

E-Value トリマー 450W EWT-450N(JAN:4977292490610)

サンウェイ スピードコントローラー SC-01 (JAN:4527022001380)

SK11 変速ディスクG 1050W SDG-1050VS (JAN:4977292493345)

E-Value ランダムサンダー EWS-220R (JAN:4977292490757)

SK11 10.8Vパームサンダー本体 SPS-108V-15RL (JAN:4977292400121)

SK11 ガストーチ ワンアクション式 ST-200SX (JAN:4977292241557)

ワシン 水性ウレタンニス 300ml チーク (JAN:4965405115215)

ワシン 水性ウレタンニス 130ml ツヤケシクリヤー (JAN:4965405115147)

 

N4977292490610N4527022001380N4977292493345N4977292490757N4977292400121N4977292241557N4965405115215N4965405115147

三脚に立てかける黒板と黒板消しのセットを作ってみました

 

********************************************************************

【材料】

● 三脚

木材(長尺・黒板受け)・ボルト・ワッシャー・蝶ネジ・・・各1個

ビス・・・2個

● 黒板

ベニヤ板・黒板シート・・・各1個

● 黒板消

木材・スポンジ・布・布テープ・ベルト・・・各1個

ピン・・・2個

【道具】

鋸・マイターボックス・ドリルドライバー・下穴ドリル・ドリルガイドキット

カッター・はさみ・ピタガン・タッカー・紙ヤスリ・ハンマー

********************************************************************

 

① 三脚

両端を斜めにカットした長尺の木材を用意し、木材を三等分にカットします。

 

カットしやすいようマイターボックスを使用しました。

 

 

②の部材の端を図の赤い部分のように45度にカットします。

 

全てのカットが終わったら、①と③の部材に穴をあけます。

 

今回はこのようなドリルガイドを取り付けた治具を用意しました。

 

治具を横から見て、図の方向に部材を奥まで差し込みます。

 

 

ドリルガイドを使用し、4mmのビットを取り付けたドリルで穴をあけます。

 

次に、②の部材に穴をあけます。

治具を上から見て図のように部材を差し込み、同様に穴をあけます。

①と③の部材とは差し込み方が異なりますので注意しましょう。

 

 

穴があけ終わったら、3つの部材を金具で固定します。

②の部材は45度にカットした面が表にきます。

 

ボルト・ワッシャー・木材の順番に取り付け、最後に蝶ネジで固定します。

 

黒板受けの高さを決め、印をつけます。

 

合わせて黒板受けが三脚の中央にくるように印をつけます。

 

黒板受けと①②③の部材をビスで固定します。

 

部材の裏側に2mmの下穴をあけます。

下穴の深さは2.5cm位にします。

 

最後にビスで固定し、三脚の完成です。

 

 

 

② 黒板

ベニヤ板を用意し、表面と側面にヤスリをかけます。

ヤスリがけが終わったら木の粉を払っておきましょう。

 

黒板シートを貼り付け、空気を抜きます。

 

はみ出たシートをカットし、黒板の完成です。

 

 

③ 黒板消し

治具などを使い黒板消しのサイズに合わせて線を引き、カットします。

 

使用する木材はあらかじめ面取りをしておきましょう。

スポンジの硬い面にピタガンでボンドをつけ、木材の面取りをしていない方を取り付けます。

 

カットした布をかぶせ、タッカーで止めます。

長い面から先に固定し、短い面は布を束ねて固定します。

 

 

布テープを黒板消しのサイズに合わせてカットします。

 

黒板消し本体にピタガンでボンドをつけ、ステープルが隠れるように布テープを貼り付けます。

布テープが一周したら端をボンドで止めましょう。

 

ベルトをカットします。

 

黒板消しの長い面の真ん中にピンで軽く固定し、ハンマーで打ち込みます。

ピンが曲がらないようまっすぐに打ち込みましょう。

 

 

反対側も同じようにピンで固定し、黒板消しの完成です。

 

 

黒板を三脚に立てかけるとおしゃれなインテリアに!

お好きな文字やイラストを描いてお部屋に飾って下さいね :-D

 

全ネジを使ったおしゃれな棚を作ってみました

 

********************************************************************

【材料】

棚板・・・大2枚・中2枚・小1枚

ユニクロ全ネジ(W3/8×1000)

ナット・袋ナット・ワッシャー

ワトコオイル ワックス

【道具】

コンベックス・曲尺・ドリルドライバー・

ドリルガイド・クランプ・刷毛・モンキーレンチ

【所要時間】

約4時間

********************************************************************

 

① 棚板に穴をあける

好みのサイズの棚板と全ネジを用意します。

今回は厚さ18mmの集成材と、W3/8×1000のユニクロ全ネジを使用しました。

 

 

板や全ネジのカットはホームセンターでしてもらいましょう。

 

棚板の並べ方や位置を決めます。

 

配置が決まったら棚板に全ネジを通すための穴をあけます。

まず。各板の角に4つの穴をあけていきます。

 

角から2cmのところに印をつけ、ドリルドライバーを使い穴をあけます。

 

垂直に穴があけられるようドリルガイドを使用すると便利です

ドリルガイドをしっかりと押さえながら穴をあけましょう。

 

次に、角以外の穴(矢印の部分)をあけていきます。

 

同じ全ネジが通る角の穴(矢印の部分)に合わせてあけます。

 

2枚の板の端を合わせ、板を重ねて穴をあけましょう。

 

この2枚を重ねるときは注意が必要です。

 

底板を利用して重ねる位置を決めましょう。

 

2枚の板をクランプでしっかりと固定します。

 

既にあいている穴に合わせてドリルガイドとドライバーをセットし、穴をあけます。

 

穴あけが終わったらオイルを塗っていきます。

今回はワトコオイルのナチュラルを使用しました。

 

裏面と側面も塗り終わったら乾かしましょう。

 

② 棚を組み立てる

オイルが乾いたら組み立てていきます。

固定の仕方は、ナットとワッシャーで板を挟み固定します。

 

天板や底板にはナットの代わりに袋ナットを使用します。

 

 

まず、底板にナットとワッシャーをつけた全ネジを通し

反対側をワッシャーと袋ナットで固定します。

 

底板に全ネジを通したら上の棚板を通していき、仮で固定します。

 

棚板の高さを調整し、モンキーレンチでナットを締めます。

 

調節ネジを可能な限り締め、固定ジョーに一番力がかかる向きに回します。

反対側のナットは動かないように固定しておきます。

 

 

ラチェットハンドルとソケットレンチを使う方法もあります。

 

全ネジを使った棚の完成です!

棚板のサイズや配置、ワックスの色などを変えてオリジナルの棚を作ってみてくださいね

 

真鍮パイプを使った星形のランプシェードを作ってみました

 

********************************************************************

【材料】

真鍮パイプ(Ø6×0.5×1000mm)・・・3本

真鍮線(#26×14m)・電球・ソケット

【道具】

パイプカッター・バイス・ペンチ・ニッパ―・定規・手袋

【所要時間】

約2時間

********************************************************************

 

① 真鍮パイプをカットする

真鍮パイプをカットする長さに測り、マーキングします。

80mmを20本、60mmを15本用意します。

 

切断にはパイプカッターを使用します。

 

バイスで固定し、パイプカッターで徐々に切り込みを深くしながら切断します。

 

 

② 真鍮パイプを繋げる

カットしたパイプに真鍮線を通します。

 

このような順に通します。

 

両端に2cmずつ余分を残し、真鍮線をカットします。

 

60mmのパイプを底辺にして三角形を作り、頂点をねじってリボン型にします。

 

端に余った線はペンチでねじり、パイプに押し込んで隠します。

 

 

三角を畳んでピラミッド型にしたものを4つ作り、

残りのパイプで60mmのパイプを底辺にした三角形を2つ作ります。

 

この時点で、このようにパーツが分かれます。

 

次に、パーツを組み合わせてこのような形を作ります。

 

残っている60mmのパイプ5本は、この部分に使用します。

 

真鍮線に60mmパイプを1本通し、両側の線をピラミッドの底辺に通します。

 

同じものを4個作り、連結します。

 

真鍮線に60mmパイプを1本通し、その両側に残りの三角形の底辺を通します。

 

先程連結したピラミッドに繋げます。

 

端に出ている余分な線は、パイプ同士の隙間が空かないよう

引っ張りながら絡め、パイプに押し込み隠します。

 

 

次に、端と端(赤丸の部分)を繋げて星形の立体を作ります。

 

③ ソケットを取り付ける

先程繋げた三角の部分からソケットを入れます。

 

 

真鍮線をからめて固定し、パイプに通します。

ソケットに2~3回巻き付け、対角線上のパイプに通し、線をからめて固定します。

 

三角形のもう片方のパイプにも同じように線を通し固定し、形を整えて完成です。

 

ソケットをゴールドに塗ると統一感が出ますよ♩

 

おしゃれな星形ランプシェードの完成です

お部屋に飾るととっても素敵な雰囲気になりますよ